大人よりも子どもの方がよい理由

大人よりも子どもがよい理由を前回の記事でも話しましたがもう一つ大きなポイントがあります。
それは継続力が高いということです。
大人の方が継続力が低く、子どもの方が高いのです。
というのも飽きや嫌で辞める方も多いと思いますが、大人の場合、結婚や出産や仕事や引っ越しなど色々と習いごとをやめなければいけない事態というものが突然現れることが少なからずあるでしょう。
しかし子どもの場合は余程のことが無い限りそのようなことはありません。
というのも子どもだからこそというものがあります。
子どもは純粋ですし、負けず嫌いです。
それにまだ英語に触れる機会というものは少ないわけですから英語に関心を沢山してくれます。
大人の集客をするよりも子どもを集客したほうが儲かるわけです。
まさに子は宝とはとなってしまいますが別の表現をしてしまえばまさにそうです。
大人よりも自由で純粋な分英会話教室にいてくれるでしょう。
そしてもうひとつ目的の達成に時間がかかるというのもあります。
大人というのはある程度英語の学習は経験をしているわけですからできるようになってしまうのが早くすぐやめてしまう可能性だってあります。
子どもは触れたこともない世界です。
喋れるようになるまでは時間がかかったりする可能性のほうが高いのです。
このような点から大人を集客させるよりも子どもに絞ったほうが良いということがわかると思います。
これで退学者はほとんど減ると思います。
よって飛躍的にビジネスを成功させることができるチャンスが増えるわけです。