なぜ子ども英会話なのか?

なぜ起業をするのなら子ども英会話なのか?と思っている人が沢山いると思います。
普通の英会話教室ではだめなのか?と思う方もいると思います。
その説明をしていきたいと思います。
まず子ども英会話についてです。
英会話ではなく子ども英会話なのかというには子どもというワードが貴重になってきます。
英会話を学びたいという人たちは今多くの方がいます。
しかし英会話スクールに通ったりすることを懸念されている方も多くいて、なかなか難しいです。
しかしターゲットを子どもに向けてみるとその悩みは解消されます。
少子化により子ども英会話学校は儲からないと言われていますが、そのようなことは実はありません。
少子化で子どもがいないからという問題ではなくむしろ子どもだから親に出来ないことを子どもにやらせてあげたいという願望を叶えたいという方が多くいます。
実は大人になっても英語の勉強をしたいという人は8割以上います。
そして子持ちの親だったらどうでしょうか?
自分のできないことを子どもに託すでしょう。
英語がしたいけど出来ないという方が沢山いるのでその分子ども英会話が有利となります。
自分自身よりも子どもにお金をかける親のほうが多いからです。
これが子ども英会話で起業する真の目的です。
英語が喋れなくてもできるといったのは、英語ができる信頼できる講師を雇い、自分はどううまく経営ができるかを考えるのです。
英語ができなくても始めることができますよね。
これが今起業をするなら子ども英会話がいいという理由です。